NAGOTABE

スキなときに、すきなことを、好きなだけ

ちはやふる(末次 由紀)

ちはやふる(40) (BE LOVE KC)

 

新刊が出るたびに前向きになれる漫画( ´∀`)大体弓道部の頃思い出して、そーだ!まだまだ頑張れるさー!って気持ちになることが多い。仕事でも部活でもなんでもそうだけど、、好きを貫く、天才と努力家がいるんだよねー。でも天才だって、努力していない人はいないからなーーー。

ちはやふるで一番好きな言葉は、メインキャラたちのものじゃなかったりします、笑

 

実は、18巻の古文の先生の言葉で、課題で20の短歌を作らなきゃいけない生徒と課題を免れた生徒。課題をプリントで配布した際に、教室が笑いに変わった時に先生が発現される言葉です。

 

『生みの苦しみを知りなさい。
 知ったうえで覚悟をもって人を許しなさい。
 短歌でも、文学でもなんでもです』

 

生みの苦しみは、実体験したら理解できるけど、それを知って、さらに許す。というのはとても深いなーって。許すって一番難しい。ちはやふるは本当に綺麗な日本の言葉がたくさん詰まっているなぁと思います。

 

 

尚、恋愛面のほうでは、太一の恋を応援してます。