1分間の砂時計

零れた言葉は。

FFⅦを時系列で(AC/BC/CC/DC/EC/FS) 少し話してもいい?

単純に、先日のFAINALFANTASYⅦ新作発表が嬉しすぎて、そわそわしてるって話です。 私本っっっ当に、FINALFANTASYが好きなんだなって、思いました。

誰のためにもならない、改めて作品について言葉を零すだけの”主観”記事です。考察でもない。でも好きすぎてちょっと言葉を零しておかないとどうにもならなくて書いてます。読んでくれる人がいるならば、飲み行きましょう…。と声を大にして叫びたいです…。

 

※各作品の”ネタバレを盛大に含む”ので、未プレイの方はご注意ください。
※エアリス派です←(FF7を語る際にどうしても必要な派閥申告…。)

 

 

『COMPILATION of FINALFANTASY VII』を時系列で見る  


結局何を『正』として何を『悪』とするかって話で、捉え方次第で敵が正になるからこそ、物語を進める間に考えさせられ、敵が憎めないほどにキャラが立っているのが『FINALFANTASY7』だと思っています。

でもね、コンピレーション全作品やると、初めに想いを託されてしまっているので。あまりにも大きくて、途方もない誇りを…繋ぐためには、悪の正義を理解しても進めなきゃいけない時が来るんです。深い!!

 

①『CRISIS CORE FINAL FANTASY VII』CCFF7

  



(本編7年前:クライシスコアファイナルファンタジー7)


本編の7年前、ザックスが主人公の物語。本編では語られぬ、だけどファイナルファンタジー7という広い世界に、託された想いの根幹の物語だと思っています。

ソルジャーとジェノバ細胞を使用した人体実験を背景に、人や組織の葛藤・苦悩・裏切りを得て、7本編へと繋がる悲しい物語でプレイ時は号泣でした。最後、クラウドを守るために無数の終わらぬ敵と操作して戦うのですが、どんどん操作が効かなくなるなかで、先に進めたくないのに闘い続けなければならず…それなのに、もうコントローラーがいうことを効かない、辛さに、みんな涙したはず。

セフィロスもまた、悲しい運命を持つ1人でしたね。『想いを託す』重みも、『想いを託される』重みも、感じられる作品。本当に言葉が重い作品でした。

 

『俺の誇りや夢。全部やる。お前が俺の生きた証だ。』

 

無理。今思い出すだけでも泣けてきます。(でもエアリスはやらん……!!!)

 

②『BEFORE CRISIS FINAL FANTASY VII』BCFF7

(本編6年前:ビフォアクライシスファイナルファンタジー7)

 

表上は、エネルギー会社。治安維持のための兵力としているが、人体実験等をもとに、兵器製造を当たり前に行っている神羅カンパニーが舞台。

この神羅カンパニーで、工作部隊『タークス』と呼ばれる一員(つまり悪役側の主人公)として本来味方のはずの反神羅組織『アバランチ』との抗争を進める物語です。結局何を正義とするかって話で、ヒーローも悪役も互いに表裏一体だよねって話。

ただこれをやると、如何せんタークスメンバー(悪側)が…カッコいい!!いやとにかく優しい…(本編でも好きでしたけども)…仲間想いだし、守ってくれるし頼れるしでもう最高に好きになります。(本編敵なんですけどね…そう、敵なのよ…でも好きだしむしろ守りたいと思うわけですよ…)

これもリメイクされたらいいのにな~。月額課金制で、現在はサービス終了してしまっています。

 

③『FINAL FANTASY VII』FF7


(本編:ファイナルファンタジー7)

 

言わずもがなの、本編。リメイクは、別で考察やネタバレ踏まえています。当時私がまだ10歳でおそらく初めて誰の手もかりずに、EDまで100%やり切った作品ではないかと思います。FF10周年として出た名作ですね。

個人的に、FINALFANTASY7のイメージは、『ヒロイン』とは!?という衝撃が走った作品でした。だって、物語序盤で、唐突にヒロインが離脱するというのは…世の中に大きなインパクトを与えましたね。理不尽過ぎて理解できず、IFルート(生存ルート)を永遠と夢見続けたものです…。

FINALFANTASYが30周年を超えた今でも尚、永遠のヒロイン枠は私にとって『エアリス』です。

 

④『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』FF7AC

(本編2年後:ファイナルファンタジー7アドベントチルドレン)

 

FF7のED後の世界を映した映像作品。どこまでも、『クラウド』が『エアリス』を引きずる続けていることがわかります。”赦されたい”とするクラウドに必要なのは、亡き、『エアリス』で在り、だけどザックスの『生きた証としての託された想い』を持っているからこそ、中途半端になり続けていたんだろうな、と。

でも、結局は皆が皆の正義のために生き、亡き者への想いにもがき苦しみながらも、前に向かってすすんでゆく様を改めてみられたように思います。 

 

⑤『DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII』DCFF7

(本編3年後:ダージュオブケルベロス ファイナルファンタジー7)

 

ヴィンセントが主人公のガンアクションRPG。
本編で謎が多かった、ヴィンセントに焦点を当てた話…ってイメージですかね。個人的にシューティングが苦手ということもあり、進めるのがしんどかった作品です。笑

 

新作『ファイナルファンタジーVII エバークライシス』(FFVII EC)

www.jp.square-enix.com

 

コンピレーションオブファイナルファンタジー7のシリーズ作品が、スマホで章配信されるゲームとのこと。もうひとつのリメイクの可能性ってあったけど、うーん過去作品やってるからな~もっかい全部やるよりはFINALFANTASY14のまだやってないところに手を付けたいかなっと思う私がいたり…。

でも、BCはもうできないので、タークス編はちょっとやりたい気持ちもある…。うーんスマホゲームの惜しいところは、サービス終了があるってことですね。そう思うとなかなか手を出しづらいなーっと思っています。

でも若い方や、同時ゲームをされていないFF7を良く知らない方々には是非お勧めしたいなと思います!FF7のストーリーは深いから派生含めて辿ってほしい…!!な、と!

 

 

新作『ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー』(FFVII FS) 

www.jp.square-enix.com

 RPGじゃなくて、バトルロワイヤルか…。ざっとYOUTUBE見た感じ、FPSよりなのかな??アクションは苦手なので、非常に不安…。コンピレーションオブファイナルファンタジー7には入らなさそうだけど、時系列で考えると、FF7の30年前…つまり、ルーファウス、ツォン、ルードの誕生年の物語になるわけですね…。(※ルーファウスの年齢はFF7Rにて発表されています

キャラ達には、会えても若いプレジデント神羅か、レッド13くらいになるのかな…。楽しみだけど操作が不安だ…!!くぅうFPS系はとことん弱いので勝てる気がしないけどFF7だから頑張りたい…!

 

2021-2022と、
FINALFANTASY14も、6.0が来るし
FINALFANTASY7RはINTERGRADEが出るし…
FINAL FANTASY VII EVER CRISIS…
FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER…

最高に、忙しい日々になりそう。こう思うと、FINALFANTASYへの思い入れはやはり深いなぁと。全力で有休を取りに行くぞ…!!いろんなコラボがあるかなぁ…スクエニカフェとかコラボ一杯あったらいいな。緊急事態宣言早く収まりますように…!